<   2017年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

恐竜大好き

車、電車、飛行機など乗り物系が大好きだった息子
最近恐竜が大好きで
c0364264_1425231.jpg

鳴き真似をして「ガオ〜」と言ったり
恐竜の映画が観たい時とか、恐竜の絵があった時とか
恐竜のサインを覚えて伝えてくれるようになって
すっかりダイナソーらぶです。笑




にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by up-upnutella | 2017-10-27 16:01 | オモチャ | Comments(0)

2歳9ヶ月になりました

息子、2歳9ヶ月になりました。
話せる言葉は25個。
その中でも自発的に使えるのは10個ぐらい。
知ってるベビーサインは68個。
でも単語ではなくサインをいくつか繋げて
なるべく文章のように使うと言うのを次の目標に
スピーチセラピーの先生と頑張っています。

c0364264_125467.jpg


サインと言葉を使って大体のコミュニュケーションは取れるのですが
最近疲れた時や苛立ち、そして嫌な事があると
物を投げ散らかしたり、ブ〜っと口から唾を吐いたり
自分の頭を床や机にゴンとぶつけて表現するようになりました。
ちゃんと言葉で表現できない苛立ちがあるのかなあと思って
それを表現できるようにしてあげたいと主人とも話しています。

歩くのはずいぶんしっかりしてきましたが
階段は私が手で支えるか又は四つん這いにならないと上り下りできません。
後両足ジャンプも只今練習中。
膝を曲げて飛ぶのは分かっているのですが
どうしても片足ジャンプになってしまいます。
たま〜に両足でできると自分で拍手喝采(笑)
うちの息子の場合、メンタルの発達よりも体の発達の方が遅いようです。

それにしても後数ヶ月で3歳とは時間の早さにビックリしますが
忙しくて「ぐったり」となる事はたまにあっても
彼に学ぶ事はとても多く、子育ては楽しい毎日です。



にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by up-upnutella | 2017-10-23 01:46 | 2歳 | Comments(0)

コウノドリ

アメリカでもケーブルで始まったドラマ「コウノドリ」。

最初のドラマが放送されていた時は息子が生まれたばかりで
毎回大泣きしながら観ていました。
c0364264_151654.jpg

改めて観ていて思うのは
やっぱり自分の子供はどんな問題を抱えて生まれてきても
愛しいんだという事。

産む前にその問題が分かってしまうと色々考えてしまうけれど
生まれてきてくれたらもう可愛いのになあと。

そんな事を想いつつ、毎回またボロボロ泣きながら観ています。(笑)

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by up-upnutella | 2017-10-22 15:25 | 2歳 | Comments(0)

ダウン症の息子が将来できる事と出来ない事

今日お父さんと一緒に自転車に乗る小さな男の子を見かけました
主人と見て「うちの息子もいつかは自転車に乗れるようになるね〜」なんて話した時
彼がふとこんな事を言いました。
お腹にいる息子が「トリソミー21」との診断がされて
育てれるのかどうか迷った1番原因は
周りの人に「彼はきっとこんな事が出来ないでしょう」と出来ないであろう事を言われた事。
自転車にも乗れないのではないかとか真面目に信じていたね。
でも生まれて見たら彼に出来ないことなんてあるんだろうかって思うんだよ。
c0364264_7135353.jpg

ダウン症を持っている人で自動車の免許を持っている人がいるし
大学に行っている人もいる
独立なんて無理ですって言われたけど一人暮らししている人もいるし
結婚している人もいる
僕たち大人が「ダウン症を持っているからこれは無理でしょう」なんて
これから赤ちゃんを産む親に言ってはいけないよね。
そう彼は言いました。

主人のその言葉を聞いて、私達が勝手に「息子にはこれが出来ない」と
可能性のリミットを作ってしまう事はしてはいけないんだな〜と改めて思ったのです。


にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

*多分遺伝子カウンセラーや主治医は希望を持たせないように最悪のケースを私達に話したのだと思うのだけど、やっぱり産むかどうか悩んでいるときにできない事ばかりのその言葉は重くのしかかりました。*
[PR]
by up-upnutella | 2017-10-16 07:32 | ダウン症 | Comments(0)

久しぶりの保育園

日本に帰っている間保留になっていた保育園
今日から再開しました。
久しぶりに行くと新しいお友達が増えていました。
少し戸惑ってはいたものの、息子はそれでも楽しそうにしていました。
c0364264_1043865.jpg

おやつの時間の時、今までならお皿を手渡されても投げたりしていたのですが
日本でばあばからお皿からスプーンで食べる事を教えられた息子は
ちゃんとお皿からおやつを食べれるようになっていてびっくり。
それも、クラスメートのお誕生日ケーキをちゃんとスプーンで食べていました。

いろんな人の影響を受けて少しずつ成長しているのが嬉しくなります。


にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by up-upnutella | 2017-10-11 15:38 | 2歳 | Comments(0)

IEPに向けての準備

来年の2月に3歳になる息子は
そろそろIEP (Individualized Educational Program、個別教育計画)に向けての
準備をしなくてはいけません。
IEPの面接では息子の達成目標を決めそのためにどんな療育が必要か
どのクラスに入るかなど決めていきます。

先日地域のダウン症協会が主催するIEPのためのセミナーがあり参加して来ました。
色々と参考になる事を教えてもらったのですが
一番大事なのは「子供が大人になって自立するための面接」と言うのを忘れない事。
IEPはそのために大人が周りからサポートしていくためのものなのだと再認識することができました。
c0364264_404995.jpg

今までお世話になったリージョナルセンターとは3歳までのお付き合いで
そのあとは学校区に手渡されることになります。
そして数日前リージョナルセンターの担当者と学校区のスクー ル・サイコロジストとの
引き継ぎをするミーティングがありました。
息子の健康状態、今どんな療育をしているかなどをサイコロジストに伝えました。
3歳の誕生日を迎える前にIEP のテストや面接をして
どんな特殊サービスが受けられるか査定されることになります。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by up-upnutella | 2017-10-09 11:20 | 2歳 | Comments(0)

アメリカ在住。妊娠13週でお腹の子がダウン症と診断された私の苦悩と希望に満ちた道のり


by nutella
プロフィールを見る