<   2017年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

フィジカルセラピー(理学療法)23ヶ月

新しいフィジカルセラピーの先生2回目の日。
前回二週間前に見てもらった時より歩くのがしっかりして来ましたね、と言ってもらえました。
家の中でも家具から家具へ、壁から人へと伝い歩きで動き回っています。
靴はやっぱり足首の方まである高い靴にしましょう、インサートも入れましょうと言われました。
踵がしっかりサポートされていると歩く助けになるのではないかと言う先生の見解です。
c0364264_1234980.jpg


息子が立って遊んでいるときに先生がずっと息子の膝を持っているので
何をしているのだろうと思ったら
膝をロックしないように少し曲げているのだと言います。
そうすると座るときに膝を曲げやすくなるんだそう。
家でそれをするように指導されました。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by up-upnutella | 2017-01-31 01:24 | 療育 | Comments(2)

トイレトレーニング

少し早いかなと思ったのですが、トイレトレーニング始めました。
と言うのも、お風呂に入れる時オムツを外した時やお湯に浸かった時
ぴゅ〜っておしっこすることが多くて。
このタイミングで座らせてみたらできるんじゃないかと思ったからです。

補助便座を付けて座らせてしばらくすると案の定ちょろちょろ〜。
ちゃんとしてくれました!
一日中は無理だけどこのタイミングでならできそうです。
少しずつおしっこはトイレでするものと覚えてくれたら嬉しいなと思っています。


にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by up-upnutella | 2017-01-25 17:12 | 1歳 | Comments(0)

新しく言えるようになった言葉は

アメリカでも日本のテレビを見ることができます。
NHKの一連の子供番組も大好きです。
「アンパンマン」も週一でやっていて家族みんなでずっと観ていました。
先週息子がアンパンマンの番組を見ながら何か言っていますc0364264_15121419.jpg

パンパンマン
アンパンマンって言ってる〜〜!

時々パンパンパンになったりアンが入ったり。
でもちゃんと分かってます。
すごいなあ〜アンパンマンのパワー!

10個目の言葉「アンパンマン!!」

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by up-upnutella | 2017-01-25 15:21 | 1歳 | Comments(2)

お外で遊びたい

こちらの冬は雨季で雨がよく降ります。
この数週間雨が降ったり止んだりで、なかなか外に遊びに行けません。
止んだ隙を見てバギーを押しながら犬の散歩に行くぐらい。
公園に行っても遊具が濡れて遊ばせて上げられないのです。
c0364264_15312991.jpg


息子はドアの前に座って「外」「鳥」のサインをして外へ行きたいと言います。
玄関に出て「ほらね、雨が降ってるでしょう?」
と言ってもやっぱりお外で遊びたいんですよね〜。
早く春にならないかなあ〜と心待ちにしています。

数週間前に子供のためのミュージアムの様なところへ行って来ました。
小さな細いサンドバッグがたくさんぶら下がっている遊具があって
子供達はその中をサンドバッグを叩きながら走り回っていました。
息子はそれが気に入ってハイハイしながらサンドバッグを叩き
「もっともっと」と出たがりません。
これ家で作れるかなあと思案中です。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by up-upnutella | 2017-01-24 15:33 | 1歳 | Comments(0)

トランプ大統領の息子さんへの攻撃

アメリカでは新しい大統領が誕生し、反対派のマーチがあったりと慌ただしい毎日です。
その大統領の就任式を見ていて気がついたのですが
10歳のトランプ大統領の息子さんがず〜〜っと左右に揺れていたのです。
一点を見つめる顔も、もしかしたら何か障害を持っているのかなあと。
仲のいい友達とラインでそんな会話をしていたのですが。
アメリカのネットではその息子さんへのバッシングが酷いことになっていたらしく。
その事についての記事がFacebookでシェアされてるのを見てハッとしました。

「彼はたった10歳で頼んでもいない大統領の息子になり世間の前に引きずり出された。
そして父親は世の中から嫌われ叩かれていて、その火の粉が子供にまで降りかかっている。
愛とか平等とか言ってマーチしている人達が10歳の子供に酷い言葉を浴びせて恥ずかしい!
私達大人は子供を守る立場にいるのにどうして彼を温かい気持ちや愛を持って接して上げることができないのか。」という記事でした。

私はスペシャルニーズの子供がいるのにもしかしたら障害があるのかもなんて
友達同士でもそんな会話を交わしてしまった事を深く反省しました。
だめだなあ、まだまだ人間修行中です。


にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by up-upnutella | 2017-01-24 15:17 | 気持ち | Comments(0)

お昼寝は2回?1回?

風邪が中々治りません。
小さい子供がいるとゆっくり休めなくて完治するのに時間がかかりますよね。
息子が元気なことだけが唯一の救い。
健康でいてくれるのは本当にありがたいです。
c0364264_1655055.jpg


最近息子が朝のお昼寝をしない日が二日続きました。
いつもは10時頃に一度、午後の2時半頃に一度お昼寝をしていたのですが
午前中のお昼寝の時間にベビーベッドに入れてもずっと起きていて寝てくれません。
代わりに昼ごはんを食べてから寝かすと2時頃から数時間寝てくれて
夜は7時半には寝てくれるようになりました。
調べてみると段々と午前中に寝なくなるとか。

と、思ったら今日は二度のお昼寝。
でもそうなると夜寝るのが9時頃になるので
そろそろお昼寝一回の方がいいのかなあと思ったり。

そんな風に成長していくんだなと思う一方
私のゆっくりできる時間も減るんだな〜と思うのでした。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by up-upnutella | 2017-01-23 17:23 | 1歳 | Comments(0)

プリンセスと呼ばれて〜

先日カフェに行った時のこと優しそうなお爺さんが息子に手を振り始めました。
そして私達が席を立った時めちゃくちゃ大きな声で
「バイバイ、プリンセス〜〜!!!」と言ったのです。
c0364264_127202.jpg

あまりの大声に私達夫婦固まり、男の子ですとも言えず
きっと笑顔もこわばっていたはず。
息子だけが嬉しそうにおじいさんにバイバイと手を振っていました。


だってロン毛にしたいんだもん。(私)
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by up-upnutella | 2017-01-21 03:38 | 1歳 | Comments(2)

戻って来た三輪車

この三輪車、娘が小さい時に私の母がプレゼントしてくれたもの。
その後、私の友人の息子さんに使ってもらっていました。
私が妊娠していてその子がダウン症で迷っていると言う話を聞いた友人が
綺麗にしてその三輪車を返しに来てくれました。
c0364264_15415541.jpg

まだ養子に出すことも検討していた頃で
私達の元へ帰って来た三輪車を見てこれは息子がいつか乗るんだなと思ったのを覚えています。
何も言わずに三輪車を持って来てくれた友人の気持ちもとても嬉しかった。

最近それを初めて出して来て息子に見せると大興奮!
乗るのも好きなのですが押して大きなタイヤが回るのを嬉しそうに見ています。
娘が乗っていた三輪車に18年経って息子が乗る姿にじ〜んとしています。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by up-upnutella | 2017-01-20 15:57 | オモチャ | Comments(0)

もう1人の作業療法士 (occupational therapist)

息子は二人の作業療法士 (occupational therapist)に診てもらっています。
一人は保険を通して、もう一人はEarly Startから派遣されている人です。
先日後者とのセッションがありました。
彼は月一で我が家に来て息子の療育をしてくれています。
色んな種類のスペシャルニーズの子供を診て来た経験があって
私も主人もとても信頼している人です。
息子を家の中で自由に遊ばせ、手の使い方から体の使い方まで細かく見てくれます。

彼の見解によると息子が歩けないのはお腹と背中の筋肉が弱いから
体の上半身を支えられないのが原因だそうです。
そのエリアの筋肉をトレーニングして鍛えること、それが大事だと言われました。
Beckman式の顔のマッサージ(特に口周り)の仕方も丁寧に教えてくれて
これができれば舌は自然に口の中に収まるようになると言われました。
そして口をマッサージすることによって感覚が刺激され口の噛む筋肉や話す筋肉が動きやすくなるんだそうです。
c0364264_11194421.jpg


息子にはとても良いポテンシャルがたくさんあると言ってくれました。
「僕はとても正直だからね。親御さんにはハイホープを与える発言はしないようにしてるんだ。
もし心配なところがあったらちゃんと言うよ。」そう付け足してましたけどね。苦笑


にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by up-upnutella | 2017-01-20 11:58 | 療育 | Comments(0)

新しいフィジカルセラピーの先生

新しいフィジカルセラピーの先生との初セッションがありました。
彼女は前の先生と同じくらいの年齢ですが長い経験をお持ちだそうです。
前の先生が息子を遊ばせながら上手に療育を取り入れているのに比べて
新しい先生は結構厳しく療育をさせている印象でした。
その証拠に息子が最後には疲れてぐずり始めたのです。
療育の内容は前の先生と似た感じの事をされていますが
息子にずっと付いて足や体を直しています。
きっと息子の為には良いのかもしれませんね。

靴について前の先生に何か言われましたか?と聞かれたので
足の土踏まずの部分が硬い靴で足をサポートをするのがいいかもと言われましたと伝えると
先生も「そうですね少し踵が内に入っていますが彼の足はしっかりしているので
成長の過程で治っていくかもしれないので様子を見ましょう」と言ってくださいました。
息子は立った時に爪先立ちをするのですが、それも足の発育に良いと言われました。

体の右側の方が筋力が強いので左を強化するようにとも言われました。
これからこの先生について息子がどんな風に成長していくのか楽しみにしています。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by up-upnutella | 2017-01-17 15:46 | 療育 | Comments(4)

アメリカ在住。妊娠13週でお腹の子がダウン症と診断された私の苦悩と希望に満ちた道のり


by nutella
プロフィールを見る