カテゴリ:健康( 31 )

朝、急に息子の調子が悪くなりました

朝起きて息子をトイレに連れて行くと座ったままだらんとしていて
そのあとも1人で歩こうとしません。
視点もなんだかしっかりしていなくて怖くなり主人を呼ぶと
糖尿病の時に糖分が少ないとこんな感じになると言い
少しジュースを飲ませて見ましたが同じです。
c0364264_07552429.jpg





























するとしばらくして嘔吐を繰り返し大泣き。
どうやら風邪かインフルエンザか何かだった様で
だんだんと熱が出てきました。
お昼寝をして少し元気になり水分をとったり
寝る前はクラッカーを少し口にしたりしましたが
次の日の朝も熱と嘔吐。
お水も受け付けません。


でもその日の午後には猛烈にお腹が空いたのか
バクバク食べてくれてその後は回復に向かいました。
3日目は念のため他の人たちに移さない様にお休みをして
もう今は完全復活しています。

保育園に行き始めて2回目の風邪。
息子が休んでいる間に扁桃炎になった子供たちがたくさんいたらしく
それは運よく?回避できた様です。

健康な時はやんちゃな息子の子育て大変だなあと思いますが
やっぱり元気が一番そう思います。



にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
by up-upnutella | 2018-10-13 07:05 | 健康 | Comments(0)

ヘルニア その後

息子にヘルニアが見つかってから小児科医の先生に勧められ
泌尿器科へ見てもらいに行ってきました。

先生は、
よくこれを見つけたね、早い段階だから治療も簡単にできる
切るのも小さくて良いし数カ所縫うだけで治せるので
手術自体は20分ぐらいで終わります。
金曜日に手術をすれば月曜日には学校に戻れますよ。

そう言われました。
c0364264_17040855.jpg






























でもまだ初期のヘルニアである事
手術はなるべく年齢が上の時にした方が好ましいので
3ヶ月様子を見ましょうそう言われました。

どうやらそのまま自然治癒することはなく
手術は免れない様ですが
いつするかが問題になってくる様です。




にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
by up-upnutella | 2018-09-20 17:10 | 健康 | Comments(0)

年に1度の視力検査

1年に1度ある視力検査に行って来ました。
瞳孔を開く目薬をして待つこと20分
先生は明かりをつけながら目の何かのサイズをいろいろ測って
記録につけて行きます。
前回フォローアップでしたような見えてるか見えてないかの
検査はしませんでした。

検査の結果息子には軽い乱視があって
幼稚園に行く頃には読み書きするための眼鏡が必要になるかもしれませんとのこと
もしかしたら成長と共によくなる可能性もありますとも言われました。
ダウン症の子には乱視が多いのだそうです。
c0364264_13393216.jpg































そしてもう1つ以前から気になっていたこと
息子は時々目からつ〜っと涙を流すことがあります。
どんな時?と言われても困るのですが
寒い時?
涙は2つぶほど流れてあとは止まります。

それも先生が黄色い目薬をさして調べてくれました。
結果、息子の涙管が詰まっているとのこと
それで涙が流れるのだそうです。
これもダウン症の子には多いと言われました。

化膿していたり、涙がいつも流れていたりすると
手術も必要なんだそうですが
息子の場合はたまになので
もし他に手術をする機会があったら
同時に涙管の手術もしたらいいのではとの提案でした。

もうすぐヘルニアの専門家に会うことになっていて
場合によっては手術するかもしれないというと
その時は連携して手術ができるようにしましょうと言う事になりました。





にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
by up-upnutella | 2018-09-14 13:54 | 健康 | Comments(2)

甲状腺の再検査

3歳の検診の時にした血液検査
甲状腺数値がノーマルのギリギリ1番高い数値で
6ヶ月後に再検査しましょうと言われていました。

ヘルニアの検診の時ついでに血液検査もしてもらいました。

いつもは血管が見つからないといっぱい針を刺されて
その挙句何も採れませんでしたなんて言われるのですが
今回のナースはスルッと針を入れて
あっという間に採血してくれました。

なんて上手なんでしょう!177.png
息子も針が刺さった時少し泣いたものの
いつものようにギャン泣きをすることなく終わりました。

検査の結果はその日のうちに来て
2種類の数値両方とも真ん中ぐらい
問題ないと判明。

心配は今の所ヘルニアだけとなりました。105.png
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
by up-upnutella | 2018-09-08 23:56 | 健康 | Comments(0)

鼠径ヘルニア

息子のオムツを替えている時、足の付け根にある膨らみに気がつきました。
触ってみるとグルグルと動いて
反対側を触ると小さめの膨らみがありました。
主人に伝えると
「それはヘルニアかもしれない。僕も小さい頃ヘルニアで危うく死にそうになったんだ。」
その話は何度も聞いていましたが
「僕のお父さんもお兄さんもヘルニアの手術しているよ。遺伝するんだ。」
え〜!そんな事聞いてないけど!!
c0364264_15063737.jpg





























小児科の先生にメールを送って検診してもらったほうがいいか聞いてみると
「緊急は要さないけれど、都合のいい時に予約を入れて来てください」とのこと。
息子を連れて行ってきました。

先生は触って「あ〜これは鼠径ヘルニアですね。左にも小さいのがあります。」

「小さい子の麻酔は脳に影響するのでなるべく小さい時にはしない方がいいのですが、それも
ヘルニアの状態にもよります。専門家医を紹介するので相談してみてくださいね。」そう言われました。

ヘルニアは男親から男子に遺伝するのだそうです。
専門医の先生に会って話をしてからこれからどうするか決めることになりますが
こんな事で手術になるとは!
遺伝して欲しくないところが遺伝しちゃうんですね〜。


にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
by up-upnutella | 2018-09-01 15:24 | 健康 | Comments(0)

大きな音が苦手?

6ヶ月に一度の聴覚検診と耳鼻科の検診へ行って来ました。
以前も書きましたが息子には無呼吸症候群があり
中度から軽い無呼吸に成長とともに改善したと言う経緯があります。
軽くなったとはいえまだある症状なので夜寝るときに
いびきをかいていないかとか
息を止めていないかとか様子を見ていますが
今の所静かに息をして寝てくれています。

無呼吸と診断された時に色んなスペシャリストに診てもらい
それぞれ違う意見を言われどうして良いか困った時に
今のENTの先生に出会い、彼が「扁桃腺を取る必要はありませんよ」
と言ってくれてその通り扁桃腺を取ることなく(今の所は)改善したのです。
それ以来少し遠いのですが片道1時間かけて
彼に診てもらいに検診に通っています。
同時に毎回聴覚のテストもしてもらっています。
c0364264_14521156.jpg

























以前から少し気になっていたのですが
息子はブレンダーとか混ぜる機械の大きな音が苦手で
私が朝スムージーを作るときはよく耳を塞いでいます。
それを先生に相談して見ると
「この年頃の子供は大きな音が苦手です。耳をふさぐのもよくあること。
気にすることはありませんよ。」
とのことでした。
聴覚検査で両耳ともちゃんと聞こえていると分かり
そして定期検査も次回から1年に1度に変わることになりました。

息子にダウン症があることで「この症状はダウン症だから?」って
つい思ってしまいがちですが、案外3歳の子供だからって言うこともあるんですよね。
とにかくちゃんと聞こえている両耳に感謝です。





にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
by up-upnutella | 2018-07-09 00:48 | 健康 | Comments(0)

視力検査で「魚!」「車!」

息子は0歳の時の視力検査で眼球の形から「乱視ではないか」と言われていました。
あと右と左の視力が均等ではないとも言われていて
それから1年に1度検査をしています。

6月頃に定期的な視力検査をして問題ないと言われたのですが
幼児の視力をちゃんと測るのは言葉を話せないぶん難しいらしく。
もっと細かい検査ができる先生がいるので、その先生に診てもらってと言われていて
その検査にやっと行って来ました。
c0364264_13105773.jpg































英国英語訛りの優しそうな女性の先生で
簡単なテストなのですぐ終わりますよと言ってくれて
私もちょっと緊張が解けました。(息子の検査って何であれ緊張)
光を当てて目を見たり物を目で追うのをチェックしてから
右左片方だけ黒く塗られている眼鏡を順番にかけさせ
グレーのボードにグレーで細い線で絵が書いてあるものを見せ
目がその絵を探して見ているかを確認しているようでした。
大人でも見えにくい絵だけどちゃんと見えてますと先生。

それから大人がする記号が段々と小さくなって行って見えるかどうかをテストする物の
子供版(可愛い絵が書いてある)を持って来て息子を離れて座らせ
これは何?と聞くと彼はちゃんと「車」とか「魚」とか口で返事ができて親の私もびっくり。
結局一番小さな絵まで見えていました。

最近床に落ちてる小さなゴミを拾ってゴミ箱に捨ててくれるようになって
あ〜やっぱりそれもちゃんと見えてたんですね。

先生は息子をとても褒めてくれて今の所視力に問題はありません
眼鏡も必要ありませんよそう言われてホッとしました。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ

*先生が一番小さい馬の絵を刺した時息子は恐竜のサインをしながら「ガオ〜」と吠えて皆んなで大笑い。*

[PR]
by up-upnutella | 2017-12-06 00:00 | 健康 | Comments(0)

風邪を引いて強くなる?

早いものでもう12月、アメリカはクリスマスの準備で大忙しです。

そして我が家の息子久しぶりに風邪を引いています。
夜中に何度もぐずって起きると思ったらやっぱり鼻づまり。
そして微熱があるようです。
今朝は私が仕事に行っている間に数回吐いたらしく
携帯を見ると娘と主人からの慌てたメールが届いていました。
風邪と分かっていたので水分だけ取らせてゆっくりさせてと伝えました。
そんなに何度も仕事早退できませんからね〜。
c0364264_01260681.jpg
































分かっていたんです、風邪引くんじゃないかって予感していました。
保育園にものすごい鼻を垂らして咳き込んでいる子がいて
先生達も「熱をはかったほうがいいかしら」なんて話していました。
って言うか家で寝かせてあげたほうがいいんじゃないの?と思ったけれど
それぞれ親御さんには都合がありますからね。
こうやって強くなって行くんだろうとは思うのですが
彼が風邪をひくと段々と家族が引いて行くので
皆んなで葛根湯を飲んで頑張っています。

皆さんも風邪などひかれませんように。



[PR]
by up-upnutella | 2017-12-05 15:19 | 健康 | Comments(0)

脳震盪で救急へ

以前ベビーベッドから落ちた事を書きましたが
それからは柵を越えることもなく長い月日が過ぎ
ベビーベッドもそのままにしたままになっていました。

そんなある日また息子がベビーベッドの柵を越えて落ちてしまいました。
多分中で遊んでいた車のおもちゃの上に乗ってしまったのかなと思います。
主人が駆けつけた時には座って泣いていたそうです。(私はシャワーに入っていました。)
口の中が出血していて上唇の上に傷があったので顔から落ちたのかなと思います。
頭を抱えて泣きやまないので救急へ連れて行きました。
病院に着くと歩き回りご機嫌にしていたので検査の後大丈夫でしょうと帰してもらうことができました。
c0364264_15454692.jpg


ところが次の日の朝何度も嘔吐をし意識が朦朧とし始めたのです。
私は朝から仕事で娘からメールをもらいすぐに家に向かったのですが
主人の方が早く家に着きそのまま救急へ連れて行ったので私も家には戻らず救急へ。
着くと息子はトリアージの看護婦さんに診てもらっているところでした。
でも意識が朦朧としていて本当にどうなってしまうのかと怖くなりました。

看護婦さんから吐き気を止める薬をもらい
先生が入ってくると「これからCTをしましょう。見た感じ大丈夫だと思うので多分脳震盪だと思います。脳震盪の場合二、三日から数週間または数ヶ月治るまでかかることがあります。」と言われました。
とりあえず「脳震盪」と言う選択があるのを知り少しホッとしました。

CTの結果は問題なく(脳に出血もなく頭蓋骨に異常もなく)
家に帰ったら安静にして水分と糖分を取ること
無理に食べさせないこと
公園で遊んだりしないこと(保育園もお休みさせてくださいと言われました)
そして引き続き様子を見るようにと言われ家に帰りました。

その次の日は嘘のように元気になり
小児科の先生のフォローアップでも問題ないと言われました。
でも二週間は様子を見るようにとのことでした。

問題のベッドですが深いベビーベッドがなかなか見つからなくて
普通のベッドにして一人でウロウロさせられないので
そのままにして下にゲスト用の厚手のマットレスを引いてあります。

お友達がベビーベッドを貸してくれると言ってくれていて
それを使ってマットレスを床に置いてみようかなと今検討中ですが
本当に今までで一番怖い経験でした。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ

にほんブログ村



にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ

にほんブログ村

*娘を育てて来て「脳震盪」なんて経験したことのなかったのですが
男の子のママに話を聞くとみんな口を揃えて
「あ〜脳震盪ね、あるある」

三人の男の子のママは「三人合わせて骨折18回」だそうです。
そうか男の子を育てるってそう言うことかと少し肝が据わった経験でした。*





[PR]
by up-upnutella | 2017-12-04 13:06 | 健康 | Comments(0)

視覚再検査

今日は一年に一度の視覚の検査がありました。
耳もちゃんと聞こえてる事が分かり、後の気がかりはやはり目でした。
一年前の検査では「乱視」と言われいつかメガネが必要になるかもと言われていました。
でもお風呂に浮かぶ一本の髪の毛を指差したり、遠くに飛ぶ飛行機が見えたりしているので
どうなんだろうなあって思っていました。

今回も前回と同じく目薬をさし30分待って瞳孔が開くのを待ちました。
先生は電気を暗くして息子の目に光を当て開き具合を測っているようでした。
「右の目は去年より良くなっていますよ」
どうやら左の目の方が良い目だったよう。
先生曰く左右のバランスが取れていないとのこと。
来年の検査結果によっては片方にパッチをつけましょうと言われました。
でもメガネは要りませんと言われて本当にほっとしました。
だって息子、サングラスや帽子が嫌いですぐ取っちゃうのです。

「彼は本当にラッキーね」そう先生は言ってくださってとても嬉しかった。
ダウン症の子の大変なところは毎年同じ検査を受けなければならないこと。
今ホッとしていても次の検査で違う結果ということもありうるんですよね。
また一年健康でいられますようにと願うばかりです。


にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by up-upnutella | 2017-07-19 13:43 | 健康 | Comments(0)

アメリカ在住。妊娠13週でお腹の子がダウン症と診断された私の苦悩と希望に満ちた道のり


by nutella
プロフィールを見る