カテゴリ:友人( 7 )

日本からのお客様

少し前になりますがある方の紹介で日本人のママとダウン症を持つ
3歳の男の子にお会いしました。
お子さんと2人っきりでのアメリカ旅行で私の住む街の近くまで来られていたので
息子と一緒に会いに行って来ました。

息子さんは笑顔がとろけそうなほど可愛くて
最初はなんだかお互い照れていた感じでしたが
うちの息子と2人で手を繋いだり
街の中の広場で走り回る姿は微笑ましく楽しそうでした。

同じ3歳ですがうちの息子の方が5ヶ月ほど年下で
2人の行動を見ているとお友達の息子さんの方が
さすが年上だなあと言う立ち振る舞いをされていました。
彼はトイレもちゃんと公衆トイレでできて
オムツも殆ど取れているそうです。
c0364264_15013732.jpg



























ママと私も2人でいろんなお話をしました。
日本での子育て、アメリカでの子育て
支援、療育、学校、仕事の話など。
同志という感じですごく心が癒されました。

このブログも読んでくださっているそうで
私が「ブログの方向性が分からなくて続けようか迷ってる」と言うと
読んでて明るくなるのでぜひ続けてくださいと言ってくださり。
こんなブログですがそう言ってくださる方がいて
どこかで私が経験した事と同じ経験をされてる方の
支えになるといいなと、彼女と話して続けていこうと思うことができました。

次に会えるのは日本かな?アメリカかな?
その日を楽しみにしています。


にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
by up-upnutella | 2018-08-27 07:01 | 友人 | Comments(2)

初めてのお泊まり

お友達の7歳の息子さんが家に泊まりに来ました。
彼にとって初めてのお泊まりで、でも家に来たいと言ってくれました。
1番喜んだのが息子です。
歳は6歳離れていますがやっぱり歳の近い男の子がいるのは嬉しい様で
お兄ちゃんがする事をじ〜〜〜っと見つめて
近づいて行っては話しかけ(お兄ちゃん困ってます)
オモチャを触りお兄ちゃんの足をそっと触り(笑)

c0364264_16224541.jpg

もうそれはそれは羨望の眼差し。
歳の離れたお姉ちゃんも色々助けてくれて良いけれど
息子にはやっぱり歳の近い男の子の兄弟が嬉しいんだろうな〜って思いました。

次の朝お兄ちゃんがトイレに起きて来た時の息子の喜び&驚きようと言ったら!
トイレの前までハイハイして行って彼が出てくるのをずっと待ってましたよ(笑)、




にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by up-upnutella | 2016-10-03 16:29 | 友人 | Comments(0)

プレイデートでお悩み相談

以前ダウン症クリニックで出会った二ヶ月年下の男の子と
週末にプレイデートをしました。
とてもお天気の良い、気持ちの良い休日でした。

お友達は8歳と5歳のお兄ちゃんと3人兄弟の末っ子。
ママはまだまだ大変そう。
赤ちゃんの2人は一緒に遊ぶと言うより平行に遊んでいる感じ。
でも時々手を伸ばしてお互いを触ったりして本当に可愛い!
言葉は交わさなくても何だかピピピと交信してるみたいでした。
c0364264_17191535.jpg


ママと私は悩みの相談。
お互い子供が中々大きくならないのが悩みの種。
一時期体重が減ってお医者さんにもとても心配されたそう。
脂の多い物を食べさせて体重を増やすのに大奮闘してるのは私と同じ。
見ず知らずの人に「何歳?」と聞かれてもう歩いてる?とか言われたり
同じ歳の子がどんどん歩いてたりするのを見るのは辛いね〜って話しました。

同じ経験を共有している友達がいるって幸せと彼女。
私は何よりも息子に友達が出来た事が本当に嬉しい。
ずっと長く長くつき合えるお友達になるといいね。



*息子は最新で覚えたベビーサインの「鳥」を鳩が飛び回るたびにしていました*

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by up-upnutella | 2016-09-20 16:27 | 友人 | Comments(0)

Sunny Life with NicoのAiriさんとの出会い

羊水検査の結果が陽性と分かりこれからどうして良いのか全く分からず
ダウン症の事も分からなくて進む方向が全く見えなかった時にある方のブログに出会いました。

Sunny Life with Nico のAiriさんです。
息子さんニコ君を明るく素敵に育てていらっしゃいます。

私は彼女にメッセージを送りました。たった今ダウン症と宣告された事。
どうしていいか全く分からないこと。
彼女は忙しいのに丁寧なお返事を送ってくれました。
「貴女にも幸せな未来が待っていますよ」とAiriさんは言いました。
それからも妊娠中何度も相談に乗ってもらい
産んで育てると決めたときはそれはもう喜んでくださいました。
息子が夢に出て来てその姿はとても元気だったと言ってくれたときは本当に嬉しかった。

彼女は今日本でダウン症のあるお子さんとその親御さんのために
DS SMILE CLASSと言う教室をひらいていらっしゃいます。
近くだったら是非私も行きたい!!

ニコ君とAiriさんにはいつか会えると思っています。
その日を楽しみに、遠い日本で頑張っている彼女を心から応援しています!


にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by up-upnutella | 2016-03-24 15:27 | 友人 | Comments(0)

ボツ君家族と会う

日本へ里帰りした時
ボツ君の家族とお会いすることができました
わざわざ新年の忙しい時に私の実家のある街まで
来てくださいました

ボツママさんはとても聡明で明るく
パパは優しくマイペース
ボツ君の可愛いことと言ったら!
2年後にはこんな風になるんだな~って私達家族
とても嬉しく幸せな気持ちになりました

ボツママさんは私と同じ
妊娠中にダウン症が分かっていて産んだママです
私と違うところは彼女は早い時期からしっかりと
生んで育てる決心をされていた事
私は何だか未だに全てを受け入れられてないところがあって
そんな彼女に実際にお会いして本当に素晴らしいな~って思ったのです

そしてパパもママも愛情いっぱいでボツ君に接していることが
側で見ていてとても強く印象に残りました



にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村



日本では良くダウン症の子を見かけました
皆可愛くて私も主人も声をかけたくてたまりませんでした
別にダウン症の子供が増えたと言う訳ではなく
私達の意識が変わったんだと思いました
これも息子のお陰ですね
[PR]
by up-upnutella | 2016-02-10 18:34 | 友人 | Comments(0)

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願いします

久しぶりの日本のお正月は初詣に行ってお節を食べて
やっぱりいいですね〜
もうアメリカに帰りたくないって皆で言ってます
息子はばぁばにべったりで夜寝るのも一緒
これは帰ったら寂しくなるだろうな〜って思っています

私の母は昔保母をしていた事もあり
子育てはある意味プロ
見ていると本当に上手に子育てしています
母にお願いしてみてもらって小旅行へ行ったり
いつもは中々できない時間を過ごせています

友人達は息子を本当に愛情いっぱいで迎えてくれて
それは本当に私にとってありがたくて胸がいっぱいになります
息子にはいっぱい味方がいるいっぱい愛してくれる人がいる

沢山の人に抱っこしてもらって
いっぱい大泣きして(笑)逞しくなっています




にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by up-upnutella | 2016-01-02 00:47 | 友人 | Comments(0)

夏の終わりに思うこと

夏休みがあっという間に終わろうとしています
こちらの学校は大体後一週間で始まる所が多くて
赤ちゃんがいた私達はどこにも行けない夏休みでした

お友達の娘さんが大学の夏休みで5月から帰省していて
息子が産まれるのを楽しみにしてくれていた彼女は
実家へ戻って来てすぐに家へ会いに来てくれました
その日からずっと1日おきに我が家に来て
息子と遊んでミルクをあげてオムツを替えて寝かしたら帰って行きました
最初はぎこちなかったのが最後にはとても上手に赤ちゃんのお世話ができるようになっていました
彼女は本当に息子を可愛がってくれて来るといつもキッスの嵐
一緒に寝転んで遊ぶ姿はまるで恋人同士(笑)

そんな彼女が昨日大学へ戻って行きました
そして大学へ帰る彼女のサヨナラパーティーに参加した息子は
いつもはあっという間に寝てしまうのに
ずっと頑張って起きていて眠気と戦っていました
まるで「おねえちゃんが出発するまで起きてるんだ!」って言ってるかの様だったのです
そしてもう少しで出発と言う頃に朽ち果ててしまいました(笑)

後で主人と話したのですが
彼女はもし私達と同じ経験をしても「ダウン症だから」と子供を産むのを諦めたり絶対にしないねと
もちろん、だれもが子供の頃からダウン症のある人とふれあえる訳ではないけれど
やっぱり色んな事を見て知ると言う事は大事な事なんだと改めて彼女に教えてもらった気がします
そして彼女のお陰で私も色んな気持ちの葛藤を乗り越える事ができた夏でした

あ〜、今日から寂しくなるなあ〜(涙)




にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by up-upnutella | 2015-08-11 02:12 | 友人 | Comments(0)

アメリカ在住。妊娠13週でお腹の子がダウン症と診断された私の苦悩と希望に満ちた道のり


by nutella
プロフィールを見る