カテゴリ:未分類( 21 )

ハッピーイースター!

早いもので今日から4月。
アメリカは復活祭、イースターです。
お友達を呼んで我が家でエッグハントしました。
8歳のお兄ちゃんが来てくれて「ニーニ!」とひよこのようにあとを追いかけて行く息子。
c0364264_18122427.jpg
































去年のイースターはやっと歩けるようになったところで
フラフラ歩いては座り込んでいましたっけ。

今年はしっかり歩けていますが
卵を探してバスケットに入れるというのは分かっているようだけど
その卵は投げられてしまったり今一コンセプトが理解できてないよう。
来年にはエッグハントがちゃんと理解できてると良いなあ〜。



[PR]
by up-upnutella | 2018-04-01 18:30 | Comments(0)

映画 リメンバーミー

映画「リメンバーミー」を観てからというもの
おもちゃの線路をギターがわりにして
ジャカジャカ弾くフリをしていた息子。

c0364264_14524451.jpg





























アマゾンで見つけたこのウクレレを渡すと
大喜び。
毎日絶賛弾き語り中。



*でも、我が家にはギターを弾ける人が誰もいない・・・*

[PR]
by up-upnutella | 2018-03-30 15:15 | Comments(0)

インクルージョンへの険しい道のり 続き

アメリカもすっかり春らしい季節になって来ました。日本も桜が綺麗な季節ですね。

初めてのIEPの面接で障害児のクラスを提案されそれを断ってから
学校側からもう一度面接をしましょうと言われていて
今日2度目のIEPへ行って来ました。
向こうの出して来た2度目の提案は「別のロケーションの普通の保育園」でした。
そこには障害児のクラスも別にあってそちらの先生と相談しながら対応して行きたいとのこと。
クラスの皆んなはトイレトレーニングができているそうですが
息子のオムツ替えにも対応してくれるとのことでした。

でも前回のIEPでは「カリフォルにはにはインクルージョンの保育園は存在しません」と言い切ったのに
ころっと変わったこの対応はどう言うことだろうと
私も主人も腑に落ちない気持ちで帰って来ました。
c0364264_14140599.jpg





























実は弁護士の先生に相談して学校にお金を出して貰って私立の学校へ行かせる準備をしていたのですが
この新しい提案によってお金を出して貰って私立へ行かせると言うのは難しくなって来ました。
先生によると「多分弁護士と相談していることを悟ってこの提案をして来たのではないか」と言うことでした。

同じ学区に住む4歳の子のママは障害児のクラスを提案され、それを断ると
「保育園は義務教育ではないから」と保育園のお金を出すことを断られたそうです。
それで彼女は自費で娘さんを私立の保育園へ行かせています。
なのでインクルージョンの提案があったことにとても驚いていました。
人に寄ってこんなに対応が違うのって本当に足元を見ていますよね。
やっぱり向こうの思うようにさせない、子供の権利を知ると言うのがとても大事だと思いました。

とりあえず来週その保育園を見に行くことになりました。




[PR]
by up-upnutella | 2018-03-30 14:48 | Comments(2)

1人でズボンを履けるようになる方法

息子の次の目標の1つ「自分で服を着たり脱いだりできるようになる」
これが中々できるようにならなくて
どんな風に教えたらいいのかと思い悩んでいたのですが、
なんとあっという間にできるようになる方法を発見しました。

c0364264_14515889.jpg





























息子のズボンをふざけて私が履いて見せた時のこと
もちろん小さなズボンなのでふくらはぎぐらいしか入りません
でも両足を入れてちょっと踊って見せたりしたら
息子はきゃっきゃと笑って大喜び。
「やってみる?」と聞くと「オッケー!」
すると同じようにスルスルと右足左足と1人で足を入れたのです!
そこからは立って両手で持って履くんだよと教えてあげて。
2回目も同じように私が履いて見せると今度はちゃんと
右足左足を入れて、すくっと立ち上がってズボンを持ち上げたのです!


ぜひお試しあれ!!




*できた時は抱きしめてめちゃくちゃ褒めると益々その気になります!*


[PR]
by up-upnutella | 2018-03-14 14:55 | Comments(0)

プレスクールの見学

今日は私立のプレスクールを見学して来ました。
この学校は息子の小児科の先生が紹介してくれた学校で
彼女のダウン症を持つ娘さんもここに通っていたそうです。
学校はとても明るくてとっても可愛いプレスクールでした。
たくさんの子供達が遊んだり学んだりしていて
生徒6人に先生1人の割合だそうです。
1つ気になったのが学校自体が階段を上がっていって1レベル高い場所にあって
中庭に出るには5段ぐらいの階段を降りなければいけないこと。
そして中庭には花壇や木や山になっているところがあったり
ちゃんと見てないと怪我しそうだな〜と言う場所がいくつかあり
そこは不安要素でしたが学校自体はいい感じでした。

c0364264_16445966.jpg
































残念なことに息子の年齢のクラスは現在いっぱいとのこと
サマースクールから始めたとしても早くて6月開始と言われました。
これからいくつか学校を見て回る予定ですが
私の中では好印象の学校でした。




*学校と話をする時どの時点で息子にダウン症があると言うことを話すかってとても迷っていたのですが。
5歳の娘さんを持つ先輩ママが「私は言わなかったわよ。書類を提出するときには書いたけれど。
娘はありのままで登校していって、先生が質問があれば答えていたわ。」とアドバイスをくれました。
ただしもし健康に問題がある場合は言った方がいいかもね、と言うことでした。*

[PR]
by up-upnutella | 2018-03-14 04:25 | Comments(0)

読み書きの教え方

3歳になりそろそろ読み書きも教えなくちゃな〜と思っていたら
先輩ママから「私流でよければ伝授するわよ」と申し出があり
是非是非とお会いして来ました。

彼女の息子さんはもうすぐ22歳。
以前にもブログに書きましたがピープル誌にも載ったことがあり
最近仕事も始めて大学にも通っていたすごい人です。
そのママは彼が2歳ぐらいの時自分で単語帳を作り根気よく字の読み方を教え始めたそうです。
家の中の物には名札をつけて読めるようになったら外すをして
字を書く基本はペンを持つことなので
鉛筆でこすると絵が浮き出る紙を渡して時間があれば鉛筆をもたせていたと言ってました。
私にそんな根気のいる事ができるかどうか分かりませんが
教わったことを少しずつ始めてみました。

c0364264_02095237.jpg
































そして来月「Learning without tears」と言うスペシャルニーズの子供達に
読み書きを教えるセミナーに参加してみることにしました。
それも今からとても楽しみにしています。

https://www.lwtears.com




[PR]
by up-upnutella | 2018-03-13 10:08 | Comments(0)

公立のスペシャルデイクラス見学して来ました

公立の学校の中にある障害児の為の保育園「スペシャルデイクラス」の見学へ行って来ました。
人数は少なく私が見学した午前中のクラスは七人。
先生と二人のヘルパー(お手伝いする人)の三人の大人がクラスの中にいました。
クラスの中はとても整頓されていて綺麗で好印象を持ちました。
息子が以前通っていた保育園は結構散らかっていたり、子供たちが叫ぶこともよくありました。

私が見学した時はちょうどサークルタイムと言って
先生の周りに輪になって座って今日は何曜日でお天気は晴れでとか
誰が学校に来ていてなど息子が通っていた保育園と似たようなことをしていました。
でもその後アルファベットを勉強もしていてちゃんと幼稚園に向けての準備もしていますとの事。
子供達は何らかの発達障害がありスピーチに障害があるそうですが
皆んな見るかぎりとてもしっかりしていて、言葉もちゃんと文章で話していて
誰一人大きな声を出したりせず椅子に座って先生の話を聞いていました。
一人男の子が椅子に座りたくないとウロウロしていましたが
その子も最後にはヘルパーの人に促されて座っていました。

多分この中に入っても息子は一番幼いかなと思いました。
レベル的に問題はないという印象を受けましたが
やはり私たちとしてはインクルージョンの環境で学校へ通わせてあげたい
そして彼にはその権利があるのです。
今私立の保育園(インクルージョンがある)を探しています。
それを選ぶのも中々大変な作業で息子がちゃんと学校に通えるようになるまでは
数ヶ月かかりそうかなと思います。
でも焦らず彼にとって一番良い選択をしたいと夫婦で頑張っています。



*スペシャルデイクラスの向かいには「普通の子」が通う保育園があります。
どうしてこんなふうに分けられてしまうのか。とても違和感を感じました。*

[PR]
by up-upnutella | 2018-03-07 07:48 | Comments(2)

3歳になったけど・・・

3歳になったけれど中々次の保育園決まりません。
以前通っていた保育園はお誕生日の前日が最終日と言われました。
学校から提示された「スペシャルデイスクール(障害児だけのクラス)」を見学に行く予定にしていて
でもお互いのスケジュールが合わず、来週は学校の冬休みというのもあって
見に行けるのは早くても再来週になりそうです。
c0364264_14114779.jpg




























その間に私立の保育園探しをしています。
色んな方に学校の情報をもらってどこが良いのか調べているところ。
次の学校が決まって通い始めるまでは
いつものOT,PT,STそしてミュージックのクラスだけ。

この間の悪いトランジションは私達の段取りが悪かったのかなあ〜。
もっと早くから私立も視野に入れて調べておくべきだったのかなと思います。
そんなに焦らなくてもって主人は言うのですが
やっぱり焦っちゃいますよね。



[PR]
by up-upnutella | 2018-02-16 08:25 | Comments(0)

インクルージョンへの険しい道のり

IEPの面接に行って来ました。聞いていた通り予想していた通りでした。
結局彼らが提示したのは週4日、1日三時間のスペシャルデイケア(障害児だけのクラス)
週一30分のスピーチセラピー(3、4人のグループレッスン)というものでした。
スペシャルデイケアには週2日30分だけ普通の保育園から何人かが遊びに来て
子供達と遊びます。休み時間の20分も一緒に遊びます。とのことでした。
でも実際に休み時間には健常者だけで集まってスペシャルデイケアの子供達に
話しかけもしない姿を見たことがあるとお友達のお母さんが言っていました。
そして30分のグループレッスンってまるで冗談みたいですよね。
一対一で1時間のスピーチセラピーをしてやっと今の状態なのに。

そして学校側に私たちが住むカリフォルニア州には
「インクルージョンの保育園は存在しません。」と言われました。
インクルージョンとは障害を持つ子供たちが通常学級で共に学ぶことです。
(他の州にはちゃんとあるんだそうです。カリフォルニア州遅れているんですと学校の方。)

実際私たちが色んな方に聞いた話だと大体
*スペシャルデイケアを提示され、それを断り自費で私立のインクルージョン保育園に通っている
*スペシャルデイケアに通いながら自費で私立のインクルージョン保育園に通っている
*弁護士を雇い示談をして学校側から資金を払ってもらって私立のインクルージョンに通っている

という選択をしていらっしゃいます。

私達ももちろんインクルージョンを希望しています。
さて私たちはどの選択をするのか
学校とのやりとりは大変だと聞いていましたが
こんなに大変とは!
インクルージョンまでの道のりはなかなか険しそうです。





[PR]
by up-upnutella | 2018-02-04 14:58 | Comments(6)

もっと シャボン玉 お願い!!

アメリカに帰って来て保育園、OT、ST、PT始まりました。
スピーチセラピーの時に先生が単語を2つ繋げて話す練習をしていた時
シャボン玉を吹いて先生が止めると「More Bubble(もっとシャボン玉)」と
言っていたのですがなんと「More bubble please!」と3つ単語を繋げて初めて言えたのです。
プリーズは以前から教えていたのですが
私が「プリーズは?」と言わないと言えなかったのが
急に突然、自発的に言えるようになりました。
ジュースプリーズ、もっとプリーズの様に使っています。
c0364264_16354661.jpg





























そしてやっとと言う感じですがアルファベットを本格的に教え始めました。
先輩ママが「ABCの歌を歌って教えた」と教えてくれたので
最近はそれをず〜っと歌っているんですよ!169.png





*でもABCの歌って色んなバージョンがあってどれ教えて良いのか迷います。
特にLMNOP〜のところなんて、あんなに早口でいいのかしらん!?119.png



[PR]
by up-upnutella | 2018-01-31 16:55 | Comments(0)

アメリカ在住。妊娠13週でお腹の子がダウン症と診断された私の苦悩と希望に満ちた道のり


by nutella
プロフィールを見る