不幸という姿に化けた幸せ

最近お腹にいる赤ちゃんがダウン症と分かったママや
産まれた赤ちゃんがダウン症というママと話す機会があり
自分が告知された時の事をずっと思い出しています。

人間ってとても強い生き物で
あんなに辛かったのに
3年も経つとそれも思い出せないぐらい
痛みが色あせていたりします。
今が幸せで帳消しになっているのかもしれません。
c0364264_15395869.jpeg
































あの頃はダウン症という事を調べて知って
頭で分かっていても中々心がついていけなかったり。
いつも誰かが背中をポンと押してくれる様な
衝撃的な一言を言ってくれないかと思ったりしていました。


今考えるとただただ時間が必要だっただけ
だったのかなと思います。


あのオノヨーコさんが言っていた言葉
unhappiness could be a blessing in disguise
人生に起こる不幸なことは一見して不幸せに見えるけれど
後にとても幸せな事に変身する
(不幸に化けた幸せだ)
ダウン症と告知された時はこの世の終わりかと思う暗闇の中で
こんな不幸はないと思っていたけれど
後でものすごい幸せだったのだと分かる
きっとダウン症を持つお子さんを育てているママやパパ達
皆んなオノヨーコさんに賛同するはず!


ですよね!?109.png


にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
by up-upnutella | 2018-10-19 16:07 | 気持ち | Comments(0)

アメリカ在住。妊娠13週でお腹の子がダウン症と診断された私の苦悩と希望に満ちた道のり


by nutella
プロフィールを見る