学校でのスピーチセラピー始まりました

北海道での大きな地震そして台風
日本で起きている自然災害の様子アメリカでもテレビで見ています。
このブログで知り合ったお友達にも北海道にお住いの方がいて
今日無事が確認できてホッとしています。

私たちはどれだけ電気や水道に頼って生活しているのか
ニュースを見て実感しています。
そして日本人がお互いを想って助け合う姿を見て感動しています。
過去に大きな地震のあったここカリフォルニア州に住む私たちも
その自覚を持ち普段から対策をしなくてはと家族で話しています。



さて、息子の学校でのスピーチセラピーが始まりました。
週二回、月曜日と水曜日の朝11時半からの30分
特別支援クラスに通う子供と2人別の教室でのレッスンになります。
STにはエイドの先生も息子に付き添ってくれて
クラスが終わると保育園の教室まで連れていってくれることになっています。

初日はもう1人の生徒が来なくて息子1人だったらしく
新しい先生、クラスルームに戸惑ってあまりセラピーにならなかったとか。
でもこれから週2日は朝スピーチセラピーから始まることになります。
c0364264_07481504.jpg
































エイドの先生に息子のクラスでの様子を聞いて見ました
彼女がどのぐらいのパーセンテージで息子をサポートしていると感じているかと聞いて見ると
「10%ぐらいね」と言ってくれました
「大体は自分でクラスの先生の言うことを聞き分けて指示に従っていて
たまに興味をなくすと1人で行動するのでその時に私が介入するぐらいよ。」
家にいる時は私たちが手伝うことが多いので、10%とはびっくりしました。
想像するに周りの子供たちの真似をしているのかもしれません。
家で私たちが手伝い過ぎているのかもしれませんね。
c0364264_07480872.jpg
































今朝起きて息子が私に「ママ、スクール!」と言って来ました。
残念ながら今日は金曜日、学校のない日だよ〜。



にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
by up-upnutella | 2018-09-08 07:58 | 療育 | Comments(0)

アメリカ在住。妊娠13週でお腹の子がダウン症と診断された私の苦悩と希望に満ちた道のり


by nutella
プロフィールを見る