IEP(個別の教育プログラム)の面接の日迫る!

息子のIEP(個別の教育プログラム)の面接があと少しに迫って来ました。
私たちはIEPのセミナーやトレーニングに参加したり
先輩ママに話を聞いたりして準備をして来ました。

学校側はなるべく余計なお金は使いたくないスタンスらしく
自分たちの権利、子供の権利を知らない親は
ことごとく良いようにあしらわれるのだそうです。
怒鳴りあいになったり警察を呼ぶ喧嘩になったりするとも聞き
そして学校側が嘘をついたという話も聞いたりしていたので
とても不安に思っていたのですが。

とにかく今回は学校側の提示する選択そして話を冷静に聞く
インクルージョンを望むと言う硬いスタンスを貫く
怒ったり権利とか弁護士などの言葉は使わない
書類にはサインしない
などに気をつけて参加してこようと思っています。

学校のサイコロジストは面接の日にちを間違っていたり
メールの文章が雑だったり先が思いやられる感じなのですが
全ては「息子が将来できる限り自立ができるように」と言う私達の大きなゴールのため。
頑張ってこようと思っています!(まるで戦いに行くようだけど・・・)




[PR]
by up-upnutella | 2018-01-31 16:24 | Comments(0)

アメリカ在住。妊娠13週でお腹の子がダウン症と診断された私の苦悩と希望に満ちた道のり


by nutella
プロフィールを見る