産まれることの奇跡 *コウノドリ*

寒ーい日本へ帰ってきました。
息子は今朝3時に目覚め、2人でゴロゴロしてる朝です。

昨日の夜娘と2人でコウノドリリアルタイムで観ました。

出生前検査と言う問題、ダウン症の事
授かるどの命も同じく尊い、女性の中絶する権利など
考えさせられるテーマでした。

私は45歳で自然妊娠しその子供がダウン症でした。
コウノドリ先生の言うまさに授かる奇跡
無事に産まれて来る奇跡です。

ドラマを見て、自分が告知されて
その後のサポートもないまま
夫婦で模索した長くて辛い月日を思い出しました。

ドラマの中で中絶するお母さんを見てやっぱりダウン症の子だからと
諦める姿は見てて悲しく辛くやるせなく、
息子やそのお友達を
否定されてる気持ちにもなりました。

c0364264_04173486.jpeg
でも、制限時間のある中に出さなければいけない決断
迷って出した選択はそれは全て正しいと言うコウノドリ先生の言葉には同感です。

産婦人科の先生や遺伝子カウンセラーがもっとダウン症の事を知ること。そして産んだ後のサポートのシステムをしっかりする事。この2つで妊婦さんの心と体の負担は減るのではないかなと、自分の経験から思います。

娘と一緒に観ていて彼女が最初からブレずに息子の事を
サポートしてくれていたことを思い出しました。
私達夫婦の気持ちを尊重しつつも産んで育てる選択を望み喜んでくれた両親の事も。
40年以上前に高齢出産で羊水検査を拒否して3人を産んだ義理の母の事も。
泣いて途方にくれる私をずっと支えてくれた日本の友人の事も。
私の周りにいる命を尊く思う人達のお陰で
息子が生まれて来ました。

そして私達皆んな息子が大好きで
彼のいる生活はそれはそれは幸せなのです。



*まだ朝の5時前、さてどうしましょう*

[PR]
by up-upnutella | 2017-12-16 04:16 | ダウン症 | Comments(0)

アメリカ在住。妊娠13週でお腹の子がダウン症と診断された私の苦悩と希望に満ちた道のり


by nutella
プロフィールを見る