スピーチセラピー

口の筋肉や摂食に重点を置いたスピーチセラピーの先生の療育がありました。
前回見てもらった時は哺乳瓶をやめてストローで飲み物を飲むように指導されていました。
そして食べ物は口の側面に入れてたくさん噛むように言われていました。

ストローの使い方が随分上達したもののやはり舌が前に出てきがちなので
今まで使っていたストローを切って短くするように
そしてコップを使って一口づつ飲む練習もするようにと言われました。
c0364264_159574.jpg

FLEXI CUT CUPSと言って
首を後ろに傾けないでも飲めるようになっています。
これを使って一口飲んだら口を手で閉じる練習をしています。

後はたくさんできるようになったベビーサインをする時
単語の最初の音を言わせるようにと言われました。
例えば「もっと」のMoreのサインを息子がしたら
「も」と口で言えたら欲しいものを与えるとか。
口から音を出す練習を始めました。

息子は言葉を発する時囁くように喋る傾向にあるので
しっかり声を出すのも大事と言われそれも練習中です。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

*アンパンマンだけは何故かしっかり言えるのに〜*
[PR]
by up-upnutella | 2017-03-08 02:09 | 療育 | Comments(0)

アメリカ在住。妊娠13週でお腹の子がダウン症と診断された私の苦悩と希望に満ちた道のり


by nutella
プロフィールを見る