優しい気持ちに触れた1日

今朝起きると珍しく雨。
息子はいつもより長く寝ている朝です。

昨日遠くの大学へ行っている友人が帰って来て4ヶ月ぶりに会いました。
息子も彼が大好きで、彼に抱っこされて一緒にお買い物。
終日チュウチュウされていてそんな二人の姿が微笑ましく
息子を大事に想ってくれる友人を本当にありがたいと思いました。
c0364264_05025.jpg

彼と別れて家路に着く前にカフェでお茶を買おうと列に並んでいた時のこと。
息子が私の後ろに並んでいた男の子に手を振り始めました。
そして最後にはいないいないバーで遊び始め、すっかりそのお兄ちゃんが気に入った様子。
私の番が来てお茶をオーダーして待っていると。
その彼がパンダのクッキーがいっぱい入った箱を買って息子に「これどうぞ」と渡してくれたのです。
息子も私も一瞬戸惑い。でもその若い彼の優しい気持ちに胸がいっぱいになりました。
彼の名前を聞いてお礼を言って帰りました。

アジア人の歳は私の娘ぐらいの男の子、アメリカという国も捨てたものじゃ無いなと思ったのでした。
そして私も自分の子供をそんな優しい子供に育てたいと思いましたよ。


にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by up-upnutella | 2016-12-24 00:59 | 1歳 | Comments(0)

アメリカ在住。妊娠13週でお腹の子がダウン症と診断された私の苦悩と希望に満ちた道のり


by nutella
プロフィールを見る