人気ブログランキング |

養子に出したい家族との電話

遺伝子カウンセラーの紹介である家族と電話で話す事になりました。
彼らも私達と同じ妊娠中にダウン症と診断されたそうです。
養子に出す事を強く望んでいるとメールには書いてありました。

まず電話に出たのは母親の女性だけでした。
私達が色んな家族と電話する時は必ず夫婦2人でスピーカーフォンにして話しました。
もしかしたら旦那さんには用事があったのかもしれないけれど、ちょっとあれ?っと思いました。
養子についての相談だったので、先ずは家の主人が自分達の経験を話しました。
その中で彼女が「家の主人が「貰ってくれる人ならだれでもいい」って言うんです」と言って
私も主人もまたあれ?っと思いました。
もしかしたら旦那さんが育てるのは絶対無理と言ってあまり協力的ではないのかなと。
でも彼女の話しを聞いていると、ローカルのダウン症ネットワークに電話して話したとか
今度集まりに行ってみようかと思っているとか。
どちらかと言えば育てようか悩んでる様なのです。
実際毎日気持ちが色々変わるんですと言っていました。


彼女がした質問の中に「あなた達が会った家族の中で夫婦の意見が全く違っていた人はいましたか?」と言うのがあってそれで私も主人もあ〜きっと彼女はそれで悩んでいるんだろうなとも思いました。
我が家も最初は2人の意見は違いっていました。
同じ意見になるまでは時間がかかりました、と私は言いました。
主人は私がそう言うまでそれを忘れていた様ですけれど(苦笑)

彼女が「親にも娘達(小学生の子供が2人)にも言ってなくて、
もしお腹が大きくなって来て養子に出す事をどう説明していいだろうか」と質問してきました。
家の娘は17歳だったのでもう色んな事が分かっているけど、確かに小さな子どもに説明するのは
難しいですよね。
私達は私の親には言っていましたが、主人は彼の家族には内緒にしていました。
養子にするか、育てるか選択に寄っても誰に言うか変わって来ますから本当に難しい問題だなと思いました。

私は最後に「ダウン症の子供を育てるって想像したとき、普通の子育てとは全く違うと思っていたけど
娘を育てたときと全く同じ変わらなかった」とそれだけ伝えました。
きっと彼女にも時間が必要なんだと思います。
旦那さんが変わってくれるといいな、私も主人も娘もそう電話を切った後で話しました。




にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村


*彼女と話して色んな思い出が蘇って来ました。主人は何故か色んな事を忘れてしまっていて
私が訂正するとやっと「あ!そうだった」と思い出していました。
あの時の気持ちを彼女が経験しているのかと思うと私もとても苦しい気持ちになりました。*
Commented by とりぃ at 2016-10-21 19:41 x
今も悩んでいるお母さんがいると思うと胸が痛くなりますね。
かく言う私も、やはり未だに息子の将来のことを思うと、気持ちが沈んだり、いや大丈夫って思ったりの繰り返しです。
ただ、先日やっと両親にダウン症のことを打ち明けた時、母親に「大丈夫!何の心配も要らないよ」って言ってもらえて、少し肩の荷がおりました。「産んだあなたの選択はまちがってない」って、肯定してもらえたのが嬉しかったです。
相談者さんの心が、早く軽くなるといいですね。
Commented by up-upnutella at 2016-10-22 02:42
とりぃさん、こんにちは!とりぃさんのお母様素晴らしいですね。そんな風に自分の子供を心から支えれる親に私もなりたいと思います。
気持ちが落ち込んだり心配するのは子供が大事だからこそですよね!このママも話しを聞いた限りでは赤ちゃんを大事に思っているけどどうして良いのかわかならくて困惑していると言う印象でした。
まだ5ヶ月だから考える時間はあります。旦那様がもうちょっとママの気持ちや辛さを分かってあげてくれたらと思いました。
私達と話した事でどれだけ助けになったかは分かりませんが、少しでも不安や辛い気持ちが和らいでくれたらと思いましたよ!
Commented by ナオミ at 2016-10-22 23:20 x
電話した妊婦さんが少しでも未来に対して希望が持てるようになるといいですね。
私自身は産んでからダウン症と分かりましたが、生まれる前にわかっていた場合、産むかどうか本当に悩んだと思います。
娘を溺愛する今は、生まれて来てくれたことを感謝する日々だし、出生前診断で分かった親御さんたちには勝手ながら産んで欲しいと思うけど、でも仮に堕胎したり養子に出した場合、それを残念には思っても、責めることは出来ないなぁと思います。
だからこそ、貴方のように苦しみ、悩み、受け止めて子供を産み、今笑ってる人を尊敬します。

ダウン症の子供は成長のうえで大変なことが待ってると思います。でも反対に、素晴らしいことだってきっとたくさん待っている。そんな風に希望を持っていきたいですね。というか持ってます♫
Commented by up-upnutella at 2016-10-23 11:45
ナオミさん、こんにちは!ありがとうございます。
そんな風に言って貰ってとっても恐縮しています。
私は未だに最初から生む!って思って息子を信じてあげられなくて申し訳ないと思っているから。
生む前に分かるのも後で分かるのもどちらも辛いですよね。
ただ生む前だと中絶が選択肢に入ってくるのでそれはやっぱりそれは辛かったです。何が正しい選択なのか分からなくなってくるんです。
ナオミさんの仰るとおりで、私も勝手ながら彼女には産んで欲しいって思いました。でも中絶や養子を選ぶママ達も悩んで出した結果ならそれは彼女達にとって正しい選択なんですよね。
アメリカでもサポートがあるようでしっかりしていないので
告知されたママたちは本当に辛いだろうなと思います。

息子に対して感じる愛情とシアワセは娘を育てるときに感じたものと全く同じなんです。それが彼女に伝わってるといいなあ。
by up-upnutella | 2016-10-21 16:12 | 養子 | Comments(4)

アメリカ在住。妊娠13週でお腹の子がダウン症と診断された私の苦悩と希望に満ちた道のり


by nutella
プロフィールを見る
更新通知を受け取る