人気ブログランキング |

無呼吸症候群と検査の結果

一ヶ月程前小児科の先生にずっと勧められていた
無呼吸症候群の検査をしました。
無呼吸症候群は寝てる間筋肉がリラックスして呼吸をする道を塞ぐ事により
空気の摂取量が減る事で、健康に問題が出たり成長を妨げたりする症状の事です。
先生に寄るとダウン症児の90%以上がいつかは無呼吸になるのだそうです。
それは筋肉が弱いと言う事や首の周りに肉がつき易くそれが空気の道を狭くするからなんだそうです。

検査は夜の7時半から次の日の7時半まで。
寝てる間に検査をされます。
大人が1人ついていて下さいとの事で主人が眠れない夜を過ごしてくれました(笑)。
色んなコードを付けられて息子は大泣きして、中々大変な夜だった様です。

検査の結果は中度の無呼吸。
上を向いてる時に空気を吸うのが大変な様です。
全体的に血液中の酸素量は問題ないのだけれど空気を吸う量が多少少ない様
特に上向きに寝てるときがその傾向にある様です。

先生は「う〜〜ん」と唸りまだ小さいから大丈夫な気もするし
ダウン症じゃない子でもこのくらいの数字だったりもするしね〜。
起きてる間元気なら問題ないとは思うんだけど、う〜〜ん。
結局無呼吸症候群のスペシャリストにセカンドオピニオンしてもらいましょう。
と言う事になりました。

因に治療方法は空気を送り込むマスクを寝てる間に付けたり扁桃腺を取ったり。


スペシャリストとの予約は来月。
また1つ通院増えてしまいました。



にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

どうやらキーワードは「寝てる時にう〜んと顔を上に向けて寝てる」だったらしく
「君がそれを言わなかったら様子を見ましょうって言ってたよ」と言われました。
くく〜(涙)
by up-upnutella | 2016-03-21 18:01 | 健康 | Comments(0)

アメリカ在住。妊娠13週でお腹の子がダウン症と診断された私の苦悩と希望に満ちた道のり


by nutella
プロフィールを見る
更新通知を受け取る