ダウン症専門クリニック

小児科の先生に勧められていたダウン症クリニックへ行って来ました。
やはり人気があるらしく予約を入れたのは6ヶ月前。

ここでは色んな分野の先生が次々と順番に部屋に入って来て子供を診察してくれて、
彼に今何が必要かアドバイスをしてくれます。


*OT(オキュペーショナル セラピー)作業療法の先生。
息子を玩具で遊ばせて手先の使い方を見ます。
コップに積み木を入れると言う作業をさせると良い。
取っ手の付いたパズルで遊ばせて指先を使う練習をすると良い。
ボタンを押したら何か飛び出るとか、行動に合わせて何かが起こる玩具を勧められました。


*PT(フィジカルセラピー)理学療法の先生。
彼女はすでに息子のセラピーをしてくれていて顔見知り。
家ではちゃんと筋トレ運動してますか?と聞かれました。
まだハイハイが出来ない息子は1日40分以上腹這いで遊ぶ時間を作る事を勧められました。
バランスボールに腹這いさせて左右に揺らすのも良いそうです。
彼女とは4月から隔週で会う事になっています。

*遺伝子カウンセラーとここのクリニックの先生。
クリニックの先生はダウン症の子供に多い合併症の話しをし、息子の身体検査をしました。
遺伝子カウンセラーは私達の家族構成、病歴などを聞き息子のダウン症は
遺伝ではなく高齢が原因だろうと言いました。
この2人の話しは正直もう小児科の先生や妊婦の時に会った遺伝子カウンセラーから
聞いていた事だったのでそんなに為にはならなかった気がします。


*スピーチセラピーの先生。スピーチと摂食両方の先生。
以前にもブログに書いたバイリンガルの事を聞くと
少し言葉が遅くなるかも知れないけれどちゃんと遅れを取り戻せる筈なので
積極的に日本語と英語の両方で話しかけてあげてくださいと言われました。
バババとかマママとか言いながら手を叩くと良い。
バとかマが言えているのでその音が入った言葉を教えると良い。
手話は大事なので日常生活に取り入れる事。


*栄養士の先生。
1歳児検診で体重が減った事を言うと1日の食事の回数を増やす様に言われました。
食事と一緒に牛乳をコップで飲ませる事。
ミルクを減らし離乳食だけになるように
これからして行きましょうと言われました。


ここのクリニックに関して他のママからあまり為にならなかったと言う意見を聞いていたのですが、
まだダウン症児新米の母親としては
1度は受診しておいて良かったかなとは思いました。
実際療育の先生に勧められた事は今積極的に取り入れたりしています。

そして今回1番の収穫は11ヶ月のダウン症の赤ちゃんのママと待合室で知り合いになった事。
連絡先を交換してまたお茶でもしましょうと話しました。
2人が仲良しになってくれたら嬉しいなと思っています。



にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
Commented by なお at 2016-03-21 11:47 x
お友達になったママとのお茶会、私も参加したい❣️でも英語じゃわかんないかぁ😭

私もダウン症のお友達のお母さんとたまーに会うんですけど、共感と共有ができるので、お話しすると楽しいし、情報交換できるのもいいです。

食事の時の牛乳、私も言われました。でも塔馬、フォローアップミルクでお腹ゆるくなったことがあって少しビビって、まだあげてないんです😅
Commented by up-upnutella at 2016-03-21 17:09
なおさん、こんばんは!彼女の名前をFacebookで探してみたら何と物書きをされてる方と判明。本を出したりしている様です。
ブログを読ませてもらったのですが、美しい文章に涙かでました。きっとそう言うオーラが彼女から出ていたんだと思います。
私中々自分からあんな風に「連絡先交換しましょう!」って普段言わないので(笑)
今はメールでやり取りしていて会える日がとても楽しみです。なおさんもお友達と情報交換されているのですね!!同じ経験をしてるママは心強いお友達ですよね!

塔馬君、牛乳飲める様になったかな?息子も牛乳よりはミルクの方が好きで、最近はパン粥を牛乳で作ったりして食べさせていますよ!
by up-upnutella | 2016-03-10 06:09 | ダウン症 | Comments(2)

アメリカ在住。妊娠13週でお腹の子がダウン症と診断された私の苦悩と希望に満ちた道のり


by nutella
プロフィールを見る