バイリンガルとダウン症

私の娘はバイリンガルで育ちました
家では私が日本語を話し
夏休みに里帰りすると娘は両親と日本語で話すことができます
学校では英語父親とも英語で話します
日本語学校には行かせなかったので読み書きは苦手
言葉も100%ではありませんが
大体の事は理解し返答をする事ができます

息子がダウン症と分かったとき
言葉が遅いであろう彼に日本語で話すかどうか悩みました
2種類の言葉を習う事で言葉の習得が遅れるのでは?と思ったから
小児科の先生やOTの先生に聞いてみると
悪い影響は無い筈だからバイリンガルで接する事を勧められました


ダウン症を専門に研究をする科学者そして教授であるSue Buckley女史は
ダウン症児とバイリンガルに関する研究はまだされていないけれど
数カ国語を操るダウン症の子供を世界中で見て来た
大事なのは家族の皆や周りの人が
沢山子供に接して話しかける事と言っています
c0364264_402989.jpg

なので我が家でも日本語と英語両方で息子にたくさん話しかけています
本を読む時間も毎日必ず作る様にしていて
私は日本語の本を娘や主人は英語の本を読んでいます

いつか両方が使える様になると嬉しいですよね


にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by up-upnutella | 2016-02-04 07:59 | ダウン症 | Comments(0)

アメリカ在住。妊娠13週でお腹の子がダウン症と診断された私の苦悩と希望に満ちた道のり


by nutella
プロフィールを見る