産んで育てる選択

2人目に会ったのは、ダウン症と告知されながら産んで育てる選択をした女性でした

彼女は50代でダウン症の娘さんは17歳の高校生
お宅にお邪魔すると人懐っこい女の子が私達を迎えてくれる
お母さんと2人で暮らしていてその日は離婚したお父さんもわざわざ同席してくれる
「この子が離婚の原因じゃないのよ」と笑うお2人

彼女は妊活をしていたものの数回の流産を経験した後に妊娠
37歳で授かった子が羊水検査でダウン症と診断される
「産むって決めた理由は何ですか?」の問いに
「私達も貴女達みたいに産んで育ててる家族に会いに行ったの
小さな赤ちゃんを育ててるお母さんに会ったんだけどその様子を見て
これなら私にも出来るわって思ったのよ」
同じ質問をお父さんに聞くと
「僕の答えはとっても簡単さ、家族が欲しかったんだ」

私達が話している間も部屋に入って来てお父さんに宿題の分からない所を聞いたり
客の私達がとても気になっている様子
「学校ではとても人気者なの
皆が彼女の事を好きでいてくれるのよ」

好きなボーイフレンドもいて
高校を卒業したら医療関係の仕事につきたいのだそう
我が家の高校生よりもよっぽど将来の計画ができてしっかりしてる(苦笑)
ミュージカルが好きでナショナルツアーが来ると観に行くのが楽しみ
ディズニーランドが大好き

主人が娘の写真を見せると娘さんは満面の笑みで自分の事の様に喜んで
「まあ〜〜何て可愛いの!!」
その反応にこちらまで幸せな気持ちになる
ダウン症の子供は周りの人を幸せな気持ちにするって聞くけれど
本当にそうなんだな〜って実感

産む選択をしたお母さんは太陽の様に明るく大らかでとても幸せそうに見えました


にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
Commented by せいせな at 2015-04-14 21:26 x
こんにちは。初めまして。私の家も、今年1月に産まれた待望の女の子が、ダウン症でした。
生まれるその日まで、順調問題なしなんて言われていて、産まれた直後にダウン症のようだと言われていて、結果そうでした。いまだに、夢のなかにいるような気分で、こんなことならしっかり出生前診断をやればよかったのか、いまだにすっきりしない日々です。
Commented by up-upnutella at 2015-04-15 05:09
せいせなさん、コメントありがとうございます。娘さんが産まれてからダウン症と診断されたのですね。
私も妊娠中考える時間があり、産んで2ヶ月経った今でも戸惑う事があり色んな思いを抱えているのが正直なところです。だから産まれて診断されたママ達の戸惑いは大変な物だろうと想像できます。
でも私の様に産む前に診断されて中絶が選択肢にあった場合、諦める女性が沢山いるのも現状です。私だってツワリが酷くて毎日心も辛くていっそ諦めてしまえば楽になるのにって何度思った事でしょう。
だけどせいせなさんの様に産んで分かったら、目の前に可愛い赤ちゃんがいて自分が育てなくてはいけないと思ったらきっと母親として頑張って育てて行けたのではと息子を腕に抱きながら何度も思ってしまいます。
せいせなさんの娘さんは超音波などでダウン症が分からなくて産まれて来たと言う事は産まれるべくして産まれた命だと、私は思いますよ。
Commented at 2015-04-19 21:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by up-upnutella at 2015-04-21 04:13
鍵コメさん、こんばんは。パパからのコメントとても嬉しいです!ブログ読んでいただいてありがとうございます。
子供って健康にちゃんと産まれて来るものって以前は思っていましたが、そうではないんですよね。授かって健康に産まれて来る事が奇跡。私も流産から今回の事で本当にそう思います。
鍵コメさんも辛い思いをされたのですね、コメントを読んで胸が苦しくなりました。
私もそうなのですがきっと受け入れるまで時間がかかるんですよね。知り合いになった出生後息子さんがダウン症と診断されたママが受け入れるのにとても長い時間がかかったとおっしゃっていました。娘さんはまだ3ヶ月、鍵コメさんの感じている事はダウン症の子を持つ親ならきっと皆通る道、ゆっくりと受け入れて行けばいいのではないかなって思います。
家の主人なんですけど、彼は最初スペシャルニーズの子供を育てるのは僕には絶対無理だと言っていたのです。でもいまは私が戸惑う程息子の事に対してオープンで
彼曰く「息子がダウン症って言う事は本当に僕にとってどうでも良い事なんだよ。人がどう思おうと僕はもうどうでもいいんだ。誰かがダウン症だからと色眼鏡で彼を見たりなにか言ったりしたら僕はその人達を
可哀想と思う。息子の事をとやかく言う前にもっと人生大事な事がたくさんあるだろうって」きっと告知されてから息子が産まれるまでの間に彼なりに考えて消化して悟ったんだろうなと思います。
きっと鍵コメさんにもそう言う日がやって来ると思いますよ!
by up-upnutella | 2015-04-14 15:12 | 出会った家族 | Comments(4)

アメリカ在住。妊娠13週でお腹の子がダウン症と診断された私の苦悩と希望に満ちた道のり


by nutella
プロフィールを見る