人気ブログランキング |

いつになったら走り去らなくなる? *4歳半*

最近続けて大きな地震があったカリフォルニア
でも私たちが住む街は揺れも感じなくて
日本からたくさんの心配LINEやメッセージをもらって
「え?地震があったの?」と判明したほど

今地球がいろんな場所でシフトしているのかしら?
少しずつ揺れて
大きな被害が出ませんようにと願うばかり

c0364264_00483881.jpg

トトは今4歳半
男の子を育てるのは初めてなので
このやんちゃがダウン症だからなのか
男の子だからなのかそれとも血筋なのか(苦笑)
手探りで子育てしています
走り出すとあっという間に何処かへ行ってしまうので
目が離せなくて
一緒にお利口に歩くってなかなかできなくて
それでついついもう4歳半なのに
バギーに乗せてしまったり
(もう結構あちこちボロボロなんだけど)

これっていつまで続くの〜?
と気が遠くなるのだけど
小学生ぐらいのダウン症を持つ男の子に出会って
お利口にしているのを見ると
いつかはこんな風になってくれるのかしらと
小学生ということは
あと2、3年はこんな感じ〜?145.pngと思ったり

先日2人で出かけた時
私がベンチに座ってお茶を飲んでる間
近くにある芝の上で1人で遊んで
疲れたら私のところに来て何か食べて
また芝の上に戻ってを繰り返し

近くにあるカフェに行くこともなく
車が通る道に行くこともなく
なんだかとてもこれって幸せ〜と
初めて走り去る息子を追いかけなくていい
安心を実感したのでした
c0364264_00485553.jpg

これから少しずつこんな風になって行くのかなあ
とりあえずあと数年は
このダッシュする後ろ姿を
頑張って追いかけようと思ってます



にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
# by up-upnutella | 2019-07-07 23:18 | 気持ち | Comments(0)

夏休みは日本で

のんびり夏休みを過ごしていた私たちですが
日本に里帰りすることになりました

トトと2人で帰って来たら?と言われたのですが
飛行機の長旅
空港からの新幹線や電車の乗り換えを思うと
あ〜気が遠くなる122.png

c0364264_23395000.jpg

それで夏休みで家に帰って来ている娘に
一緒に帰ってとお願いしたのですが
彼女のパスポートが
日本のもアメリカのも期限切れ
更新してねと何度もお願いしていたのにしてなくて
1から更新するところから始まり
日本のパスポートは1週間でできますと言われたのに
アメリカのパスポートがいつ来るか分からず
最後までハラハラしましたが
なんとか帰れることになりました

c0364264_10263325.jpg

娘が小さな時は夏休みは毎年
日本の実家に里帰りして
彼女にとってはそれがとてもいい思い出になっていて
トトにも同じ経験をさせてあげたいと思っていたので
とてもたのしみにしています

でも日本の夏の蒸し暑さに耐えられるのか
汗疹とかできそうですよね〜119.png




にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
# by up-upnutella | 2019-07-06 10:47 | 4歳 | Comments(0)

公園で唾を吐かれた事

今日は保育園のクラスメートと公園でプレイデート
トトの大好きなお友達で
前の日からとても楽しみにしていました


今日行った公園には11時になると
水が出る水遊び場があって

トトは服のまま大喜びで
他の子供たちと楽しそうに遊び始めました
c0364264_15464575.jpg
するとトトが水着を着て上半身裸で
目の前に立っていた男の子の背中に
口をつけて息を吹いて「ぶ〜〜」ってしたのです

それは私の日本人のお友達ママが
トトに教えた英語では「ラズベリー」と呼ばれる
お腹や背中に愛情を込めてする
遊びというかいたずらで
息子は彼女に教えてもらってから
私や娘のお腹にぶ〜〜って時々する様になって
私も止めた方がいいかなと気になっていました

普通なら他人にはしてはいけないと
4歳ぐらいになると分かると思うのですが
そこはやはりトトには理解できない様で
それをされた子は不思議そうな顔でトトを見て
でもそのまま遊び始めたので私も何も言いませんでした

しばらくして少し大きな男の子たちが2人
トトにきつめに話しかけていて
でもトトは何を言われているかわからない様で
彼らを無視して遊んでいたら
その2人の男の子たちがトトに唾を吐きかけようとしたので
私は思わず「こら!そんなことしちゃダメでしょう!」と近寄りました

すると男の子の1人が
「この子が僕のシャツをあげてね口をつけようとしたんだよ」

どうやらこの子たちにもラズベリーしようとした様で
それでつい意地悪をしてしまったのでしょう


悪気があったんじゃないんだよごめんねと説明して
トトを連れてその場を立ち去ったのですが
何があっても人に唾をかけたりしてはいけないと
その子達にちゃんと言うべきだったなあと
後でひどく後悔しました

多分その子たちにはトトにダウン症があるなんて
分からなかったんだろうなと思います

そしてトトには違うシチュエーションでは
していけないこととしていいことの
区別がまだできないのだと思います

いずれにせよ息子に唾を吐かれた事は
(彼には直接かからなかったけれど)
私をとても傷つけました


それと同時にこれは私たちの課題だなあとも思いました
どんな風にトトにこれはこんな時にはしてはいけないんだよと
教えたらいいのか
考えさせられています
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
# by up-upnutella | 2019-07-04 15:54 | 気持ち | Comments(0)

上まで登れたジャングルジム!

トトはどちらかといえば小さな頃から
心より体の成長が遅く
今でも時々バランスを崩してフラフラしたり
階段を降りるのはとても慎重だったりします

保育園でも休み時間に遊具で遊ぶときは
加配の先生が見てくれています


c0364264_00084882.jpg



私たちが休日によく行くこの公園
以前にも書いたのですが
滑り台も何もない
ロープのジャングルジム
ここがトトのお気に入り

でも体の筋力の弱い彼には
中々遊ぶのが難しかったのですが


c0364264_00083796.jpg


先日1人でほとんど頂上まで登れたのです171.png
ほとんどと言うのが
補助役の私が高所恐怖症で
一番上まで上がれなかっただけで105.png
1人ならどんどん行けてたはず


c0364264_00082860.jpg


落ちてはいけないので
私が足を持っていますが
自分で上まで登りました




c0364264_00081959.jpg


いつかきっと頂上まで
私たちの補助なしで
登れる日が来るはず

主人と2人彼の成長に
じ〜んとしたのでした




にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
# by up-upnutella | 2019-07-04 00:40 | 4歳 | Comments(0)

初めてのバースデーパーティー

保育園のクラスメートに呼ばれていた
バースデーパーティー

アメリカでは子供の誕生日は小さな頃から
盛大にお祝いするのですが

我が家はまだ身近な人たちとトトのお誕生日の
お祝いしかしていないので

トト初めての大きなバースデーパーティー

先輩ママに
ダウン症を持つ息子さんが1人だけ呼ばれなかった
お話を聞かされていて

そう言うのいちいち気にしてはダメよ
ってアドバイスされていたので
内心ちょっとドキドキしていました

そしたらクラスメートが
ちゃんと呼んでくれて
私はもう嬉しくて
「行きますとも〜!」って感じで


場所は今時の
遊べるスペースがたくさんあって
音楽がガンガン流れる
パーティー専門の施設

c0364264_23424285.jpg

最初に入った時大きな音が苦手なトトは
耳を塞いで遊びたがらなかったのですが
一緒にいた主人が
子供に混ざって大きな子供みたいに
遊んでくれて
それに安心したのか
少しずつ遊び始めました

そんな主人の姿を見て
座って見ていた他のパパたちも
一緒に遊び始めて(笑)


c0364264_23423692.jpg

いつも保育園で一緒のお友達も数人来ていて
「あ!トトが来てる〜!」と言ってくれたり
親御さんたちも
「うちの娘トトが好きだから喜ぶわ〜」って
言ってくれたり
みんな本当に温かく


c0364264_22295379.jpg


耳を塞いでいたのが嘘の様に
飛び回り滑り降り
とっても楽しそうでした


c0364264_23424949.jpg



私はお誕生日に呼んでくれて
本当にありがとうと言う気持ちでいっぱいで
確かに周りの子供たちと違うんだけど
でもトトなりにちゃんと溶け込んで遊んでいて


c0364264_23425483.jpg


保育園と同じで少し手助けしてあげたら
ちゃんとみんなと一緒に色んなことが
できるのかもと思い嬉しくなった出来事でした




*女の子のユニコーンがテーマのバースデーは可愛くて
馬が好きだった娘がユニコーンのお誕生日
したなあと懐かしくなりました
お誕生日ケーキかわいいでしょう?!*

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
# by up-upnutella | 2019-07-03 23:49 | 4歳 | Comments(0)

アメリカ在住。妊娠13週でお腹の子がダウン症と診断された私の苦悩と希望に満ちた道のり


by nutella
プロフィールを見る
更新通知を受け取る