ベビーベッドから落ちた!

皆さんのお子さんはどんな風に夜寝ていますか?
息子は赤ちゃんの時から自分のベビーベッドで寝ています。
今もベビーベッドで寝ていて高さ的に最大限に下げているのですが
やっぱり背も伸びて来ていてそろそろ普通のベッドかなと思っていました。
でもまだ一人で自由にウロウロされると危ないなとか迷っているところです。
c0364264_0494398.jpg


そんなある日お昼寝させるために彼をベビーベッドに入れました。
いつもなら一人でいつのまにか寝てしまうのですが
キッチンに着いた頃「どん!」と音がしてすぐわ〜んと泣き声
落ちた!と思って走って戻ると息子が床に座って泣いていました。
ちょうどそこにはラグがあったのでフロアリングに直接落ちてはないのですが
それでも痛かっただろうと抱き上げると娘が飛んで来て「落ちた!?」と聞いてくれて
息子の首や顔目を見てくれて大丈夫よと言ってくて少し安心しました。
彼女CPRのライセンスも持っていて私より冷静沈着なのです。
少しすると息子も泣き止んでケラケラ笑うようになりホッとしました。
一応主人に連絡して彼も少しお昼寝させないで様子を見て
大丈夫そうなら病院も行かないくていいよと言ってくれて
大事にならなくて良かったと本当にホッとしました。

そしてこれからどうするか今悩み中なのですが柵のように床まで着くベビーベッドを検討中。
そのベッドは10歳ぐらいまで使えるキッズのベッドに変身して最後には椅子にもなると言うものなのですがとっても高いのです。
決断するまでは下にマットレスをひいて落ちても大丈夫なようにしてあるのですが
落ちたのはその一度だけで一度の失敗で学んでくれたのかな〜と言っています。


にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

*一番慌てていたのが私。もうちょっと冷静に対処しなくてはと反省*
[PR]
# by up-upnutella | 2017-08-18 00:59 | 2歳 | Comments(0)

養子縁組団体からされたお願い

アメリカにはダウン症専門の養子縁組団体があります。
私たちも養子を視野に入れていたので、途中までお世話になり
結局息子を自分たちで育てる選択をしました。
(詳しいお話は是非過去の記事を読んでみてくださいね)


その団体の方から連絡がきて「ある妊婦さんとお話ししてくれないか」とお願いされました。
私たちはもちろんと快く引き受け主人が彼女とメールでやり取りをして
週末の朝約束した時間に私たちから電話しました。
1回目の電話は留守電になり、10分ほどしてもう一度かけたらまた留守電。
主人がメッセージを残すと彼女からメールがきて「寝ていた」とのこと。
(この時点で私はとても嫌な予感していました)
次の日の同じ時間に改めて話しましょうということになりました。

そして1度目の電話はまた留守番電話。
2度目の電話でやっと彼女が電話に出ました。
そしたら今外に外出していて妊婦服の買い物をしていると言うのです。
だからまた日を改めてくれないか、そう言われました。

私たちも色んな方に話を聞いてもらったり話を聞いたりしましたが
みなさん約束の時間にはちゃんと待機して電話に出てくれました。
電話がかかってくる約束の時間に買い物しているなんてあまりにも失礼です。
正直私はその時点でもう関わりたくないと思いました。
でも主人が「きっと何か事情があるんだよ、もう一度チャンスをあげようよ」と言いました。
そう言うところは彼の方がずっと寛容なのです。

もちろん後日約束の時間にした2度の電話両方とも
すぐ留守電になったのは言うまでもありません。
彼女の声はとても若くて結婚もしていないようでした。
養子に出すつもりで私たちと話したかったのかどうかは今となっては謎ですが
世の中には本当にいろんな人がいるんだな〜と思った経験でした。



にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by up-upnutella | 2017-08-17 15:47 | 養子 | Comments(0)

単語を2つ並べて使えた日

最近言葉がよく出るようになって来た息子。
前から使っているベビーサインをしながら単語を喋るようになって来ました。
例えば「月(ムーン)」とか「車(カー)」とか。
以前はサインだけしていたのが
手でサインをしながら発音できるようになりました。
c0364264_15114798.jpg

そして先日初めて単語を2つ繋げて使ったのです。
「カー」「アウトサイド」
手押し車に乗って外に行きたいと言いたかったらしいのです。
私たちは感動して「お〜〜〜!」


こんな小さな成長も嬉しい
そんな毎日を楽しんでいます。



にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by up-upnutella | 2017-08-17 15:25 | 2歳 | Comments(0)

夏の海を走る

気がつくともう8月も半ば。
久しぶりに海へ行って来ました。

c0364264_14404714.jpg

砂遊びを延々して
浜辺を走る息子。
そうなんです、最近走り始めたのです。
走るのはいいけれどそのまま海に突入しそうになるのを
追いかけて止めるのが大変。
本当に怖いものなしで困ります。

その割には階段を降りるときは慎重派。
階段は這うように降りているんですけどね。笑

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by up-upnutella | 2017-08-17 14:51 | 2歳 | Comments(0)

ダウン症と自閉症

息子の通う保育園には自閉症のお子さんがたくさん通っています。
皆んなとても可愛くてお母さん達は愛情いっぱいで育てられています。

今日保育園で初めて会うママは2歳4ヶ月の女の子を連れて来ていました。
彼女は椅子に座るのが嫌で断固拒否泣き喚いています。
でも外から見ると普通の女の子です。
その子のママが「この子は自閉症と診断されてレベル3のうちの2って言われているの。私のもう一人の息子も自閉症なのよ。」
彼女もリージョナルセンターを通してこの保育園に来ていて、週に5日も通っているそうです。
私の息子はダウン症で同じくリージョナルセンターから来ていると言うと、「ダウン症ってどんな症状があるの?」と聞いて来てくれました。
「生まれつき筋力が弱いので体の発達が遅いの。息子が歩き始めたのも2歳過ぎてから。でもベビーサインでコミュニュケーションも取れるし言葉も話せる様になるのよ。」と説明しました。

この保育園に通っているダウン症の子は息子一人です。
他の子は殆どが自閉症なんだそうです。
生まれてからしばらくしないと分からない自閉症に比べてダウン症はお腹の中にいる時に分かってしまいます。ダウン症の子が少ないと言うのもやはり生まれてくる確率が低いからだと思います。
息子はいつも穏やかでちゃんと椅子にも座れるし先生の指示にも従うことができます。
療育が進んでたくさんのサポートがある今
きっとこれから色んなことができるダウン症を持つ子供達が増えてくるはずです。
そんな中、出生前血液検査で分かるから
ダウン症が排除されてしまうと言うことに益々疑問を持つ様になりました。
そんな検査本当に必要なんだろうか・・・?


私の同級生に自閉症の息子さんを持つママがいます。
息子が生まれてダウン症があると聞いて彼女は日本から長い手書きの手紙を送ってくれました。
息子さんはすでに成人してしっかり生活していらっしゃいます。
でもそこまでの大変だった道のり、そして今ある幸せが書いてありました。
彼女は私に辛いこともあるけど大丈夫だよ、幸せになれるよ!と言いたかったのだと思います。
自閉症であろうがダウン症であろうが、家族や周りの人達が愛情いっぱいで育てたら
素晴らしい人生が待ってるのだと先輩として伝えてくれた友人の手紙を思い出した1日でした。



にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by up-upnutella | 2017-07-21 16:13 | ダウン症 | Comments(2)

アメリカ在住。妊娠13週でお腹の子がダウン症と診断された私の苦悩と希望に満ちた道のり


by nutella
プロフィールを見る